スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ44号 第231Q「始めます」感想(※ネタバレ注意)

月バスまだ買えてません。更新出来てません。・・・・全然TT
もう10月目前で驚くばかりです。え?あと1週間足らずでアニメ始まる・・・?これでいいのか黒バス厨よorz

あ、ラジオテーマソングCDはちゃんと発売日にGETして聴きました!
最近忙しくてラジオを聴く暇もなかったためCDで2曲とも初めて聴いたのですが、正直メチャクチャかっこよかったです。ラジオのテーマだから軽い感じの歌想像してたけど違った。普通にガチでしたw

それはそれとして。今週のジャンプは黒バスが表紙&巻頭カラーですよ!!!!!!!11
【表紙】
第一印象→赤司のサイズ小さくね?????
第二印象→黒子の目デカくね?????

お蔭で火神くんに全然視線が行きません><困った><
赤司こんなに小さかったっけ・・・???黒子の目ってこんなにデカかったっけ・・・・・?????

とにかく通算5度目の単独表紙おめでとうございます。黒バス厨はウルトラハッピーです!!!

【コラボの件】
「暗殺教室」とコラボっていうのはこういうことでしたか。他にもキャンペーンが続々。
っていうか「暗殺教室」ってたったの6巻でミリオン達成してるんだ・・・・・・へ、へぇ~~・・・(震え声)

【ポスター】
私が想像してたのと違った。
てっきり以前のリバーシブル表紙(表めだか裏黒子の奴)みたいな感じかと思ってたんですが、こう来るとはwwwwwwww確かにコラボだけど!!コラボだけど!!!!!!(´д`)
秀徳の二人のポーズがバラバラすぎて面白いことにw撃ってる人とカメラ目線でポーズ決めてる人とでしっちゃかめっちゃかwww桐皇はどう見ても同じ漫画に出てくるキャラとは思えません本当にありがとうございました。

【巻頭カラー】
誠凛VS洛山。単純な構図ですが決まっててカッコイイですね。しかしSGの位置はなんとかならなかったのか。
黒子と赤司の後頭部にダダ被ってる日向と実渕が不憫でならないww二人ともあと少し後ろ下がればいいのに。
黛は意図的に顔が隠されてるようですね。伊月さんは定位置です。

【本編】
巻頭1ページ目で海常と秀徳の試合結果がドン!54対96で秀徳の勝利。黄瀬不在の中海常も粘ったことが分かるような点差ですね。
この試合結果は黄瀬が負傷したことが発覚した時点から判っていたようなモンなので特に驚きはしませんでした。
試合後黄瀬に声を掛ける緑間さんも誠凛と同じように若干若返ってますww一番老けてた頃(10巻あたり)と比べるとエライ違いですwwww

と、前座はここまで。誠凛と洛山の試合が始まります。

試合開始直前に1年トリオが取り出したのはリストバンド。何かを準備してるっぽいフリをしていましたがまさか黒子のリストバンドだったとは・・・チーム全体じゃなくて黒子に対しての物だったんですね。主人公特権か(笑)
リストバンドがどこも売り切れってどういうことやねんとツッコミたくなりますが野暮なのでやめておきますw
荻原のリストバンド、誠凛のリストバントを片手ずつ付ける黒子。ということはつまりリストバンドを描き間違える(描き忘れる)ミスが多発する可能性が高くなるということですよね!!1111
今後はリストバンド間違い探しを中心に黒バスを読んでいこうと思います^^

さ~て、今週の黒バスは此処からスーパーキャラ紹介タイムがはっじまるよ~☆

・・・なんですが、当ブログとしては今更こんなことされてもリアクションに困るだけなので、ここは感想書くんじゃなくてマキシムなりのキャラ紹介をしてみようかと思います。
黛さんだけは省いて最後にきちんと言及しますので、感想以外どうでもいい方はちょいと下の方までスクロールをお願いします。
それでは始めます。

~誠凛~

【引率教諭 武田健司】
初登場は第1Q。
アニメでは火神がアドバイス貰った病院の医師が武田センセとクリソツのため双子ではないかと囁かれている。

【監督 相田リコ】
最恐の女子高生カントク。ギリギリBカップ。色気もへったくれもないけど美脚。
料理の腕は壊滅的だが飲み物は作れる(141Q参照)。大切なことなのでもう一度言います。飲み物は作れる。

【11番 黒子テツヤ】
元ジャスタウェイ。ポジションは未だに「?」。頭から血出すわ鼻から血出すわ何気に出血の多い主人公。
自意識過剰な面があり、大抵自分のせいだと思ってる。Fカップの美女に抱きつかれても顔色一つ変えない。クソ羨ましい。

【10番 火神大我】
通称・優しすぎる男。準主人公という割には表紙にいなかったりする。
近年稀に見るエロゲ主人公体質を持ち、金髪のグラマラス美女と一つ屋根の下で暮らしている。クソ羨ましい。

【7番 木吉鉄平】
豆腐メンタル。鉄心?なにそれおいしいの??
メンタル以外は優秀。自然に女子と下の名前をお互いに呼び合えるくらいには天然。クソ羨ましい。

【5番 伊月俊】
生まれながらの不幸体質。
出番という出番を事あるごとに奪われ、特技さえも他キャラに奪われる超不憫な人。
バスケ歴長いのにナメられたりバスケ知らなすぎだったり色んな意味で扱い酷すぎるだろ(怒)
PGに強い奴多すぎるから伊月さんが活躍出来ないんだよ(怒)

【4番 主将 日向順平】
点数調整マシーン。コマによって眼鏡のツルの太さを自由自在に変えることが出来る。
説教が大好きでしょっちゅう説教を繰り広げては無駄なページを割いている。調子良い時は無冠並み。

~洛山~

【監督 白金永治】
元帝光監督・白金耕造の息子?

【アシスタントコーチ 佐藤拓生】
黒バスのキーパーソン。

【マネージャー 樋口正太】
黒バスのキーパーソン。

【8番 根武谷永吉】
牛丼ゴリラ。ゲップの長さでその日摂取した食事の量を表現できる。

【7番 葉山小太郎】
ドリブルがクソうるせぇ奴。ハンターハンターを愛読書にしてそう。

【6番 実渕玲央】
オネェ。好きなタイプは高尾。(この世で一番いらない情報)

【4番 赤司征十郎】
何でも一番にならないと気が済まない困った人。多重人格者。しかもオッドアイ。
財閥の御曹司。所謂人生の勝ち組。だけど不治の病(中二病)を患ってしまった。人生って上手く出来てる。
初登場からハサミを振り回したりもしたけど今では懐かしい思い出です。


以上、マキシム版人物紹介でした。黒子のバスケをこれから初めて読む人にも正しく伝わるよう心掛けました。
無意味にちかれた・・・・・(つД`)


ハイ、此処から黛さんについての言及です。スクロールお疲れ様でした!111
5番 黛千尋(まゆずみちひろ)。前回の葉山の口振りからも察することができた通り3年生でしたね。
フィジカルも悪くなくポジションはPF。本来ならば同ポジの火神とマッチアップするところですが葉山が火神の相手をすると言っていたので黛は伊月か黒子がマッチアップ相手ということになります。
そして降旗が「誰かに似てる?」という意味深なセリフを残してくれたので更に謎が深まる人物です。私の予想ではやはり黒子に似ているのではないかと思っています。
「黛」=「黒子の代わり」という字解釈をコメントで拝読したこと、それと単純に黒子と似たスタイルの選手がいてもいいなと考えたのが理由です。以前に高尾が同属嫌悪~なんて言ってましたが、今度は黒子が同属嫌悪する番になっても面白そう。ミスディレクション弱体化フラグもあるので黒子を越えるミスディレ能力者が現れてもいいんじゃないかと思います。・・・・本格的に何の漫画か判らなくなってきたぞww

今週はほぼキャラ紹介で終わりましたが来週からは試合が始まりそうなのでwktk( ^ω^)
来週感想書く頃にはアニメ26話を見終わっているであろうことにgkbr(;^ω^)
黛さんという新たな謎キャラに要注目しつつ次週も楽しみです!!!!1111

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。