スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第42Q 信じてますから

アニメ、なんとか今月中に47Qくらいまでは見られるといいなーと思っています。
最終回の悲しみと感動を一緒に味わえないのは残念ですが、なるべく皆さんに近付けますように><

では、アニメ感想です。
・あらすじ長っwwwww約3分。久々にキたわぁwww
恒例のネタバレOP 伊月さんのシュートかっこよすぎィ!!
・今回はそれだけでなく、サビ直前の円陣組んだあとの黒子と火神に作画修正が入ってました。
・調べてみたら、どうやらこの次の43Qから全体的に作画修正が入るようですね。
・だんだん作画間違い探しが楽しくなってきてる自分がいるwwwwつい集中して見ちゃいますbb

・青峰に対して焦る火神を励ます日向。この試合で一番頼もしい主将シーンです。
いわゆる点数調整マシーンの本領発揮ってヤツだ。
日向「外さないから撃てるんじゃねー 外しても大丈夫だから撃てるんだ!」
・緑間さんは外さないから撃てるんだろうか。日向の場合単に自信だけではないということが分かるイイ台詞だと思います。
・日向があんだけ頑なに拒んでたハイタッチをもう普通にやってるとなんか笑えますw
・この当たりから桜井お前落ち着け・・・って言いたくなる。
・桜井から青峰へのパス。傍から見たらフェイクだと思われてそう。
・この後青峰が本物のフェイクをするわけですが。
・相手は木吉だけど、やっぱり小堀さんのことも思い出しちゃうよねwwww

・ベンチの切羽詰まりまくった「うわあぁどうすりゃいいんだー!!」は聞けずww
・黒子・火神・木吉のトリプルチーム。アニメだとより一層圧迫感があります。
ここで一時停止すると完璧青峰イジメだからね・・・
・青峰の横ジャンプへの観客のリアクション欲しかったわwwだって横だぜ!?!?
・火神のブロックさえかわす青峰。本当に人間かよby花宮
・青峰のシュートが入るのを期待して笑ってる桃井が可愛い。目の焦点定まってないけど
・オバフロによって外された青峰のシュート。この辺の説明、アニメだと滅茶苦茶わかりやすかったです!
しかしNGの鼻眼鏡黒子思い出して笑うっていう。
・アレは反則やろ・・・・・・
・円盤特典が待ち遠しいです^^
・冒頭でも触れましたがこの後の原作にはない伊月さんのシュートがかっこよすぎて・・・!!1
アニメスタッフGJ
・ゾーンプレスもカッコイイわ~。誠凛カッコイイわ~~~。

・ベンチの応援と足踏みwww原作でドンドンいってたのはこの音だったのかwwww
・まるで軍隊のようなんだがwwwww
桜井の体当たり芸。桜井が足手まとい要員になった瞬間であります。
・今吉からのフォローはカット。桜井カワイソス(´・ω・`)
・青峰への「スイマセン!!」は今までで一番気持ちが入っていたように思うw
・日向のフリースロー。外すなんて有り得ない!

青峰のモノローグキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
・声がつくとこうなるのか・・・!!!と謎の感動に打ち震えましたww
・ズンズン歩く青峰さんこえーよwwww
すんごいぬるっとゾーンに入った件について。
・おまwwwちょwwwwwwwいつの間にwwwwwwwwwwww
しかもゾーンに入ったことを誰よりも早く緑間さんが気付くという。流石だぜ師匠・・・ッッ!!
・久々のコジロウナレーション。丞成戦以来でしたっけ??
・扉を開いた青峰。黒バス界には色んな扉があるんです。
赤司「これが・・・ 青峰の本当の姿」
俺司さんチーッス^^
・脚本家の方は悪くない!!こんなややこしい設定にした藤巻がry

・青峰はえええええええええええ!!!!!
・ゾーンの光のバチバチ感がいいですね~。走ると尾を引く感じもグッドbbbb
・景虎さんの台詞をほぼ全て緑間さんがかっさらってるwwww解説マスター緑間ですねわかります

過去回想全カットはツライ・・・!!!
こればっかりは泣いた。
・貴重な桃井成分がorzorzorz
・桐皇ファンは泣いてもいいのよ・・・・・(ノД`)

黒子・伊月「ミスディレクションオーバーフロー!!」 オーバーフローが合体技のようにw
・ボールを死守する黒子。原作より転がり方が痛い!!
ぐったりしてるけど大丈夫なのこれ・・・????
・原作では自演乙としか言えない傷を負っていた黒子でしたが、この転がり方ならあの傷も納得だわーとか思ってたらまさかの無傷。
アニメの黒子は頑丈(結論)

・再び足踏み応援。やwめwろww
・火神のモノローグ。ここは茶化せないっすわ・・・(ノД`)
・原作とは回想する場面が違ったり台詞が前後していたりしましたが違和感なかったですね。
アニメでも塗り絵になるのかな???ってちょっと期待していたんですけどwwwww
・この大胆な改変がアニメならではというか。私はどちらもアリだと思います。
・それよりもとにかく中の人の搾り出すような声の演技が凄かったです!ありがてぇ・・・!11
・ハイテンション青峰で終了。

・EDカットは海常が参戦。
も、森山がカントクを見て頬を染めているだと・・・ッ!????(驚愕)
森山にとってカントクは女子カウントに入るのか・・・
カントクヨカタネ!!!!!!
・これからどんどんメンバーが増えていくのでしょうか。楽しみです!

今回も無駄に長い感想になってしまいましたが、そのくらい内容が濃かったということでFA。
個人的にはこの辺は原作でドベうろついてて、その後アニメ化発表があった時期なので、感慨もひとしおでした。
あの頃はこんな素晴らしいアニメになるなんて思いもしなかったなぁ・・・・

桐皇戦は色んな要素が凝縮されすぎだと思います。それが面白い反面、ちょっとした切なさ(桐皇バッサリカット)もあったり・・・wwwゾーンは予想以上にヌルッと入りましたが、動きがハンパなくて次回も楽しみです。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。