スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子のバスケ番外編 epilogue1(海常高校)


少年ジャンプ+ってなんだよ・・・・・・

NEXTで番外編じゃねーのかよ・・・・・・・・・

こんな早くからありがとうございます。

ホントにこんなに早く再会できるとは思ってませんでした。嬉しい限りです。
本誌で告知されていたんでしょうか・・・・???私はTwitterなければ確実に見逃してました。

短いですが、最終回後一発目の感想になります!
・笠松の初めて見る表情wwwww
・模試で森山に負ける笠松。森山の邪念の強さよ・・・・・
・森山は就職先もこんなノリで決めそう。
・笠松と森山の志望校が同じで、小堀はそれをすべり止めで受けてると。フラグじゃねーか!
・いやでも小堀は頭良さそうだから大丈夫か。小堀さんマジ流石っす!!
・笠松の成績がそんな良くないのはちょっと意外でした。勤勉家のイメージだったんで。

小堀「黄瀬でも蹴飛ばせば気分も晴れるって!」
小堀さんそれ不良の発想
・練習の様子を見に行く3年一同。
・早川が黄瀬を指導してる!!しかも黄瀬がそれにちゃんと返事してる!!!!
・何気に中村くんもいますね。海常は二年二人いるからなんか安心。
・早川のラ抜き喋りの表記の揺れwww先生の迷いが伝わってくるようだwwww
・懸命な後輩の姿に気を取り直した笠松。会話するまでもなく、っていうのがいいですね。

笠松たち三年の視点で読むのは新鮮でした。今後もこんな感じなのかな。

「epilogue1(海常高校)」ってことで、順当に行けば秀徳、桐皇、陽泉、洛山・・・というふうに続くと思うんですが、果たして。
キセキ校だけでなく、他のライバル校の様子も見てみたいです。特に福田総合とか。

何はともあれ、またこうして黒バス読むことが出来るのが嬉しいです!!
次回は10月6日と間が空きますが、楽しみにしてます^^
しかしこうなるとますます12月にNEXTで何が起こるのかが気になる・・・・

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。