スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子のバスケ番外編 epilogue3(桐皇高校)

昨日更新されたジャンプ+での番外編感想です。短いですがどうぞ。
一コマ目から桃井キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!
・すみません、嬉しくてつい・・・・・(*´Д`)カワユス!!
桜井「青峰サンが練習でるようになってから笑顔増えましたね」
今日のところは許してやろう。
・桜井桃井コンビは何気にレアですよねぇ。
・言ったそばから練習に遅れる青峰。
・若松はこういうのにイチイチ切れてるのかと思うとご苦労さんって言いたくなります。
・でもまだ流石に主将って呼ばれてるのは違和感ありますわ。妖怪のイメージ強すぎてw
・堀北マイの写真集を燃やすという脅迫で青峰を呼び出すという強行手段。もう何でもありかよww
・それにまんまと釣られて来るあたりが青峰です。
・若松から意外な台詞が!今まで青峰に煽られてばっかだったけど、逆に煽ることも覚えたんだな・・・!!111
・以前の敗北を知らない青峰だったらハァ?で終わっちゃう所だと思うんですが、今は効果バツグン。
・そしてそれを見守る先輩達。この人らは相変わらずそうで安心です。

読んでる間も感想書いてる間も「GOGO☆桐皇」が頭から離れませんでした。桐皇がイチバン~♪
なんだか妙にまとまりがある話だったような。
チームのその後を描きつつ、先輩のその後も描きつつで、前の二本よりも断然番外編っぽかったっすよ(笑)
私個人としては桃井がガッツリ見れたのがとても嬉しかったです。藤巻先生のサービスサービスゥ!

次回は陽泉(推定)。ということは、氷室さんが見れる!!ってことなので楽しみですw

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。