スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子のバスケ番外編 epilogue4(陽泉高校)

番外編感想です。もう四本目だなんて早いですね~。
短いですがどうぞ。

昨日上げたはずが、ちゃんと保存されていませんでしたorz
・雪道を歩く紫原と氷室。秋田の積雪すごすぎィ!!
紫原「百歩譲ってこれがふ菓子ならまだわかるけど~」氷室「ちょっとイミがわからないよアツシ」
・氷室さんに言われるとなんか悔しいよね!氷室さんの方が数倍ぶっ飛んでる人なのにね!!
・岡村・福井どちらとも東京の大学が第一志望とは意外。地元愛強そうなイメージだったんで。
紫原の突然のデレ。お前やっぱりツンデレだろwwwwww
・しかもバリバリ受験生向けのまいう棒だし。渡す機会伺ってたのか?え??
・練習試合で手こずったことにも驚きですが、それよりも氷室さんの「ハァイ」が衝撃過ぎて・・・・
・おま、「ハァイ」て・・・・・帰国子女かよ!!!!!!11
・なんだかんだで仲のいい陽泉でありました。

やたらクオリティの高かった桐皇編と比べると少々アレですが、氷室さんを久しぶりに見ることができて満足です。
紫原はWC後を経て立派なツンデレへと成長したようで、良いのか悪いのかよく分かりませんがツンデレの巨人って新しいなと思いました。
あと荒木監督も相変わらずで何よりです。

お次は洛山。いなくなるのは黛さんだけなんで、黛さんにスポットが当たることを期待しています。
WC後の赤司の動向にも注目ですね。根武谷さんに会えるのも楽しみです!

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。