スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語るだけ~黒子の行く末について~

今日中にうp予定が・・・・・・まぁいいや。今週中にうpという約束は守れたんでbb
142Qを読んでいて浮かんだ内容なので、ネタバレを含みます。ご注意下さい。

私の個人的な解釈満載で痛いです。いつものことだけどな。
ですが今回ばかりは少々個人的意見が行き過ぎているかもしれません。

それでも記事にしたのは、これがずっと自分の中にあった思いで、整理して置きたかった箇所だからです。
要するに自己満ってやつだよね!!11111

痛い黒バス厨の与太話だと思って読んで下されば幸いでございます。

今週号の黒子がシュートを習得する(ダジャレみたいになった)はいずれ来る展開だと思ってました。
まさかこんなに突然やるとは思っていませんでしたがw

自ら得点に絡んで行かなきゃいけないっていうのは選手としては当たり前ですけど、今まで徹底して藤巻先生は「黒子は影」というのを貫いて描いて来ました。

当初はもちろんのこと、桐皇に敗戦後に編み出したバニシングドライブも火神がいなければ発動できない新技でしたしね。オーバーフローも影の範疇に入る技だと思います。

それでもシュートを身に付ける展開が来ると想定していたのは、桐皇戦(二回目)終盤の黒子の表情があったからです。
あの表情については読んだ時点ではイミフでしかありませんでしたが、よくよく考えてみるとあの瞬間だけは火神に託すのではなく青峰を自ら倒したい(改心させたい)という思いを抱いていたのではないか、という考えに達しました。
けれど黒子には青峰を倒せる程の力は無く、火神に託すしかないからあのような表情をしたのではないかと。

つまり、これから黒子がシュートという手札を増やすことによってキセキを今度こそ完璧に打破する展開になるのだと思います。
しかしそれだと今まで作中で『二人でなら戦える』というチームプレーを続けてきた黒子と火神は一体なんだったんだ、という話になりますよね。
私も桐皇戦(2回目)まではそう思っていましたし、実質一人で青峰に立ち向かう火神を見てここに来て個人プレーなのかよ、とツッコみたくもなりました。

そこで青峰に引導を渡した今、黒子のバスケのテーマは変容しているのではないかと考えるようになりました。

主題としていることは1つではないでしょうが、最初は確かに「協力して強敵に勝利する」に重点を置いていたと思うんですよ。
キセキというとんでもない天才に、天才でない二人が互いの弱点を補って打ち勝つというスタイル。漫画として判り易い構図。
それが現在になって変わってきているような気がするんです。

ここから更に超個人的な解釈になるんですが、この「黒子のバスケ」は『脇役も主役になれる』ということがテーマの中に入っている漫画なのではないでしょうか。
つまり影(脇役)だって努力すれば光(主役)になれるという解釈です。

本誌の展開と照らし合わせるなら単純に、シュートを習得して影から脱却する黒子…と言ったところでしょうか。

そもそも私は読み始めた当初から、この漫画の着地地点は黒子が最終的には影ではなくなることだと思っていました。勝手にwwwww
主人公が影のまま終わったら少年漫画として夢がないよなーって(笑)

本来ならば脇役に位置する人間を主人公にしているところが黒バスの面白いところなのは承知の上です。
だけどやっぱり黒子が影のままで物語が終わるっていうのはちょっと納得が行かなくて。(行かずとも好きなのには変わりないだろうけどw)

シュート練してる時点で黒子は影の範疇に留まらなさそうですがね。チームプレー云々とどう折り合いをつけていくのか大変楽しみでもあります。

・・・・と、ここまで書くのに時間めっちゃ掛かりましたwその割に身がないww(;´Д`)
言葉にするのってホントに難しいっす。上手く言葉に出来ていない部分もありますが、自分なりにまとめることが出来て満足です。
無駄な深読みワロスwwwwって嘲る自分がいないこともないが、例え裏切られても構わない(`・ω・´)キリッ
黒バスについて語れる場があるだけでも幸せです。ここまで読んで下さった方などいるのだろうか(笑)


最後に、記事作成の際に142Qを読み返したら青峰の台詞がとても胸に響いてきて感想で茶化したことを今になって反省し始めましたwゴメンね大ちゃんwww
こういうシーンでの藤巻先生の台詞回しに改めて感心。その調子で普段も頑張ってくれ。(切実)

Comment

Re: かずっちさん

黒バスはライフラインなんだから仕方が無いですよね!(・∀・)
こんな仮説を打ち立てたら怒られてしまうのではないかと不安だったのですが、そう仰って戴けて嬉しいです(笑)ご意見有難うございます!
凡人(影)だからこそ黒子というキャラは輝くのであって、影の範疇に収まらない技を習得してしまったら黒バスは一体どうなってしまうのか・・・って感じですけどジャンプ的にはアリかなー、とw(主人公最強説)
57Qがフラグですか、イイですねbb光になる黒子が是非見てみたいです。
しかしかずっちさんはホント黒子好きですよねwひしひしと愛が伝わってきますwww私も負けていられません!(キリッ)
なんだか勝手に黒バスのテーマを拡張してしまっている気がしなくもないですが、こればっかりは気掛かりなマキシムでした(^ω^)b

レンタル早いwww光の速さwwwwww
アニメにつきましては、もう一つの方(コメ返)で詳しく触れさせて戴きますね。

それは存じませんでした!普段黒バスを買う目的以外に書店に行かないので(典型的なアレ)新刊の発売日にしっかりと目に焼き付けて参りたいと思います!111集英社GJ!!11111
  • 2011/11/30
  • マキシム
  • URL
Re: 大翔さん

お久し振りです!お元気そうで何よりです(^∀^)お疲れ様でした!

深読みしすぎサーセンwww全て個人的な妄言でござんすwwwwww
引き立て役で終わるのも当初の本筋を通すことになるので良いとは思うのですが、やはりそこは少年漫画なので主人公に大きな成長を遂げて欲しかったり111
オフェンスの軸になってしまったら違和感がありますね。そこら辺のパワーバランスは藤巻の手腕に掛かればイイ感じにオフェンスしつつアシストしつつという演出にもなり得・・・そうにないww(望み薄)
あくまでも妄言ですのでご了承下さい(笑)
更新頑張りますbb
  • 2011/11/30
  • マキシム
  • URL
大丈夫!だって好きなんだからいくらだって語れるよ(=゜∀゜=)呼吸をするに等しくたやすい!!!!!!!
黒子っちシュート習得
言われてみればこの件、奥深いッッΣ(゜д゜;)))
確かに『パス特化、影、凡人』が徹底テーマであり、それありきの『黒子のバスケ』だったのにシュートとなると根底から覆すことに・・・・・・・とはいえマキシムさんが言う通りジャンプの主人公であるなら影のまま終わるのはジャンプ的に勿体ないってこと(;3∀3)?
黒バスの最終的ゴールの形とか考えたことなかったけどいつか黒子っち自身も"光"になれたらいーなとか漠然とそーいや思ってたかも!!
今思い返せば第57Qで黒子っちが火神に本音と決意を吐露したことが後々"光"へ生まれ変わるための第一歩だったのかなぁ〜〜みたいな(゜∀゜)?帝光時代は"影"であることが存在理由だったけど、今これからの誠凛バスケ部にとっては"光"になったら嬉しいぃぃぃ(ノд;)シ てかにはもう黒子っちは光だし(//∀//)ノシ 私もなかなか言いますよbbbbbb
この件、ホントに奥深すぎて藤巻がどう展開してくれるのか固唾をのんで見守るしかないッッ(`¬´;)ゴクリ

ところで
今日のジャンプで発表(←予告ナシかぃ)されてるアニメのキャスト・・・・・W小野って(しかも知らなぃ)・・・・・これどー判断すればいーのでしょう(゜Д゜ll))??吹き替えハリポタ見てないし、とりあえずソッコー『鬼神伝』レンタルして黒子っちの声確認してしまった(;゜゜Д゜゜)フー
監督はテニプリの人でしたね・・・・・・あんまりテニプリ色出されるのもイヤだな・・・・・。脚本は夏目で知っている人だから少し安心デス(;゜Д゜)=3
とはいえ、蓋は開けてみなけりゃなんとも言えないですよね・・・・やっぱ心配orz

余談
本屋さんに貼り出してある12月発売コミックスの一覧表の集英社のイチ押し欄が『アニメ化決定・黒子のバスケ15巻』になってるのマキシムさん知ってますか(`・ω・´)!
私発見した瞬間思わず奇声もとい喜声あげそーになりましたwwwwww
周囲の目も気にせず記念にガッツリ写メっちゃいましたー(//∀///)夢のよぅ♪♪♪♪♪♪

また長くて申し訳 ;
お邪魔しましたー ノシ
  • 2011/11/28
  • かずっち
  • URL
ただいま!
お久しぶりでっす!
テストも落ち着いたんで戻ってきました!
すげえ深読みwww
流石黒バスファンの第一人者?ww
俺は黒子が引き立て役のまま終わってもいいかな〜って思います
パスだけじゃ戦えないからシュートってならいいですけど、
黒子がオフェンスの軸とかになっちゃったら
他のキセキと変わんないような…
更新待ってます?
  • 2011/11/27
  • 大翔
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。